EN
close

SAINT-GOBAIN, a key ingredient in the wellbeing of each of us and the future of all

パリ・エッフェル塔展望台にガラス張りの床を提供

サンゴバンは、2014年10月にリニューアルされたエッフェル塔の第1展望台に使われているガラス張りの床を提供しました。地上57メートルに位置する第1展望台では、街の景色や塔そのものをガラスの床を通して見られるようになっています。

製品ジャンル
建築用ガラス
キーワード
導入事例 ガラス張りの床 商業施設

パリの新しい観光地となるエッフェル塔の第1展望台

この第1展望台は、建築事務所Moatti-Rivièreが、エッフェル塔を運営する会社SETEに依頼を受け、街の新しい眺望が見られるパリで最も壮観なスペースのひとつに生まれ変わらせました。塔の中央の空間を囲うように透明ガラスのガードレールを設置し、最も広いところで1.85mの透明ガラスの遊歩道を設けたことで、まるで空中を歩いているかのような気分を味わえます。

ガラス張りの床を実現したサンゴバンの技術的な進歩

このリニューアルは、技術の進歩により可能となったものです。サンゴバンは、128㎡のガラスの床を開発する必要があり、そのためにガラスの特性や滑り止めコーティングについての研究を重ねました。ガラスの床は、できる限り透明でなければならず、滑って転倒するリスクを最小限にしなければなりません。ガラスの上部に、エナメルと研磨材の粒子でできたドット型がスクリーン印刷されているのはこのためです。耐性に優れかつ使用中に見た目が美しい高品質なスクリーン印刷の手法を研究開発するのに、18ヶ月かかりました。

床に使われる滑り止め加工が施された「64 LITE-FLOOR XTRA GRIP」ガラスタイルは、サンゴバンのグループ会社であるGlassolutionsが開発・製造しました。このタイルは3枚のガラスを強力フィルムでラミネートしたもので、全体の厚さは32mm、耐荷重は500kg/㎡です。

またこのタイルは世界中の大規模建築プロジェクト用ガラス製造に特化したGlassolutionsオーストリアEckelt Glas工場で生産されました。この工場では、ニューヨークのタイムズスクエアのTKTSチケットブースやアテネの新アクロポリス美術館などに使われているガラスも製造しています。


LITE-FLOORについて詳しくは、Glassolutionsのウェブサイトをご覧ください

© Moatti-Rivière architectes

© Saint-Gobain / Johanna Leguerre

カタログなどの資料ダウンロードのご案内

製品イメージ、製品詳細情報、価格表等はPDF資料等で詳しい内容をご覧いただけます。

資料ダウンロード

この製品に関するお問い合わせ

お問い合わせの前に

お問い合わせの前に、以下のページをぜひご覧になってみてください。

お問い合わせ先

建築用ガラスは、サンゴバン・グループの中で、サンゴバン・ハングラス・ジャパン株式会社が輸入・販売を行っております。製品に関するお問い合わせは担当が直接ご対応いたします。

お問い合わせをする