EN
close

SAINT-GOBAIN, a key ingredient in the wellbeing of each of us and the future of all

サンゴバンとは

1665年にフランスで設立された王立鏡面ガラス製作所を起源とする、世界的にも長い歴史を誇るサンゴバン・グループは、住環境と建築市場における世界的リーダーとして、省エネルギーおよび環境保護のための革新的ソリューションをお届けしています。

サンゴバンの事業

サンゴバンがあなたの未来を築きます。

私たちは、世界中に、より快適、経済的で、かつ持続可能な生活を創造するため、技術の革新と改良への絶え間ない挑戦を続けています。そして各分野における業界のリーダーとして、省エネルギーや環境保護という重要な問題にも解決策をご提案します。


4つの事業分野

1.  革新的材料
2.  建築用製品
3.  建材流通
4.  容器

日本では、革新的材料、建築用製品の2つの事業分野を展開しています。

世界で活躍するサンゴバン・グループ

(2015年3月現在)

建材および高機能材という戦略的に重要な技術が相互補完している強みを活かし、サンゴバンはマーケットの中で独自の立ち位置を確立しています。

サンゴバン・グループ紹介ビデオ

持続的な居住環境におけるリーディングカンパニー

サンゴバン・グループ紹介ビデオでは、グループの持続可能な住空間と建築市場に対する戦略を紹介しています。

サンゴバン・グループ紹介ビデオ 概略

工業先進国でもっとも多くのエネルギーを消費しているのが建築物です。低い断熱能力が、エネルギーを浪費している主な原因です。サンゴバンの革新的ソリューションを使用することで、暖房に使用されるエネルギーを80%削減できます。

マルチ・コンフォート・ハウスは、各居住者の環境を保護するサンゴバン・グループの革新的ソリューションをすべて結集した持続可能、健康、そして魅力的な住まいです。マルチ・コンフォート は、戸建て住宅だけではなく、アパートやオフィス、商業施設にも使用されます。

サンゴバンの住環境ソリューションは、27か国の4,400もの販売店で展開されています。サンゴバンの地域ネットワーク(流通はヨーロッパのみで展開)を通じ、お客様のニーズに合った専門家の技術やアドバイスとともに、数十万の製品が提供されています。

サンゴバンはすでに60か国以上で事業展開しており、急速に成長している市場への展開を促進しています。
サンゴバン・グループは、高い成長率の国々の都市化に対して、戸建て、アパート、企業およびコミュニティ向けの施設で具体的な解決策を提示いたします。

サンゴバンは、最先端技術で開発した革新的ソリューションで、製造、医療、交通機器の分野に向けて広範囲な製品およびサービスを提供しています。

アジア・パシフィック地域

成長するアジア・パシフィック地域

サンゴバンがアジア・パシフィックで展開する事業は、アジア・パシフィック経済の成長率をはるかに上回る勢いで発展を遂げております。その理由として、サンゴバンはアジアを成長の鍵としてとらえており欧米諸国と同レベルの製造およびマーケティングを可能にするために必要な社会基盤の整備を事業の成長と共に進めているからです。

サンゴバンの事業展開は急ピッチで進められています。市場自体に今後の発達が期待される地域だけでなく、ローカル市場でのグループシェアの拡大が今後期待される地域でも、サンゴバンは順調に発展を遂げています。サンゴバンは、現地パートナーとの合弁事業を展開しており、双方があらゆる成功を分かち合うために技術力、販売力のシナジーを大切にしています。

サンゴバンはアジア・パシフィック代表部がある中国で新設の工場を立ち上げる一方で、日本と韓国では生産拠点と合弁事業の拡張を進め、東南アジアでは新規ビジネスの開拓に力を注いでおります。また、オーストラリアとニュージーランドでの事業も順調に軌道に乗って来ております。こうした各国での事業は国が違っていてもそれぞれが連携し合うことにより、お客様のご要望に迅速にまた的確にお応えできるよう体制を整えております。

アジア・パシフィック地域におけるサンゴバンの拠点は10カ国に広がり、15,000人の従業員が100以上の拠点で働いています。

アジア・パシフィック地域におけるサンゴバンの拠点

アジア・パシフィック地域の各国で多岐にわたる事業展開

サンゴバングループは、アジア・パシフィック地域で代表部を中国におき、多岐にわたる事業を展開しています。

中国

中国では、合弁会社の設立や営業拠点の新規開設を通じてさらなる成長を遂げており、約10,000人の人材が53以上の企業でサンゴバンの主要事業分野を手がけ、特に上海の周辺で最も高いプレゼンスを確立しています。また、北の牡丹江市では炭化ケイ素の製造拠点を持ち、南の広州市では特殊ガラスの製造を、内陸部の西寧市では別の炭化ケイ素の製造を手がけています。

日本

日本では、1917年にアジア・パシフィック地域の中で最初に事業が開始され、グループの国際的な発展戦略における重要国として積極的に事業を展開してきました。現在900人近くの人材が、建築用・自動車用ガラス、断熱材、セラミックス、プラスチックス、クリスタル、研磨材そしてテクニカル・ファブリックス事業に従事し、先端を行く製品と技術サービスを提供しています。

日本の素材・ハイテク市場は、世界で最も競争が激しく、高い品質が求められる市場の一つです。サンゴバンはそのような日本市場を世界の革新の中心地として捉え、顧客の要求に応えるべく全力を注いでいます。

韓国

韓国では10年以上にわたり事業を展開しています。また韓国硝子社とのパートナーシップを通じ、板ガラスと断熱材の両事業は韓国でトップクラスの売上高を誇っています。今ではこのパートナーシップが、北東アジアや中国全域における新規事業の立ち上げにまで応用されています。

東南アジア

東南アジアではタイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムおよびシンガポールで事業を展開しています。また、オーストラリアとニュージーランド全域にも生産拠点と営業所を有しています。

上海スタジアム(中国、上海)

ロダン美術館(韓国、ソウル)

サンゴバン・グループをオンラインで知る

サンゴバン・グローバルウェブサイト

グローバルウェブサイトで、サンゴバン・グループについての情報をご覧いただけます。

グローバルFacebookアカウント

グローバルFacebookアカウントで、サンゴバン・グループに関するニュースを発信しています。

グローバル ソーシャルメディア

各種ソーシャルメディアで、サンゴバン・グループに関するニュースを発信しています。